バイアグラにはめまいや頭痛、顔のほてり、目の充血、鼻づまり、鼻血、消化不良などの副作用があります。
副作用は服用した人の9割以上に現れますが、症状は基本的に軽いので心配は不要です。
ただし一定の医薬品を使用している場合や、脳や心臓に重度の障害がある場合などは服用が禁止されます。
バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが含まれています。
シルデナフィルは即効性が特徴で、空腹時に服用すれば約30分でペニスが勃起するようになります。

バイアグラは即効性があるため、短時間で強力にペニスを勃起させることができます。
一方で副作用が現れやすいという特徴があります。副作用対策としては、用量を減らすことが考えられます。
バイアグラには25mgと50mg、100mgの錠剤がありますが、日本国内では25mgと50mgのみ承認されています。
100mgも海外から個人的に輸入することは可能です。
用量が多いほど副作用は強くなるので、ピルカッターを使用して割って使用するのが有効な副作用対策となります。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、血管を拡張して血流を促進しペニスを勃起させます。
血管が拡張されると血圧が低下するので、副作用としてめまいを生じる可能性があります。
また血流が促進されると頭部や鼻の粘膜、消化管が充血します。
頭部が充血すると頭痛やほてりが生じます。鼻の粘膜の充血は鼻づまりや鼻血の原因となります。
消化管の充血は消化不良を引き起こします。
副作用は服用した人の9割以上に生じますが、基本的に軽いので問題はありません。

バイアグラには硝酸剤など併用禁忌とされる医薬品があります。
併用禁忌薬をバイアグラと一緒に服用すると、副作用が強くなるので注意が必要です。
また脳や心臓、肝臓などに重度の障害がある場合も服用できません。
併用禁忌薬を使用している場合や、脳や心臓などに障害がある場合は医師に相談する必要があります。

バイアグラを飲むことができない人

バイアグラの併用禁忌薬は硝酸剤と塩酸アミオダロン製剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬です。
これらの医薬品を飲み合わせると、血圧を過度に低下させる可能性があります。
硝酸剤は狭心症などの治療に使用されています。塩酸アミオダロン製剤は不整脈の治療に使用されます。
不整脈を治療している場合でも、塩酸アミオダロン製剤を使用してなければバイアグラを服用できます。
バイアグラを使用してED治療を行なう場合には、併用禁忌薬との飲み合わせに注意が必要です。

病院で処方を受ける場合には、まず処方可能かどうかが判断されます。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは血圧を低下させるため、脳や心臓、肝臓などに重度の障害がある場合は処方できません。
直近6か月以内に心筋梗塞や脳梗塞、脳出血の既往歴がある場合は服用が禁止されます。
バイアグラに対して過敏症の既往歴がある場合や、重度の肝機能障害がある場合、網膜色素変性症の場合も同様です。
低血圧や高血圧の場合は、適切な治療が行われている場合のみ服用できます。

狭心症や心不全のような心臓に関する病気を患っていたり血管に障害があると、性行為自体ができない場合があります。
心臓や血管などの問題で性行為自体が不可能な場合も、バイアグラの処方を受けることはできません。
健康上の問題を抱えている場合は、病院で医師の診察を受ける必要があります。

バイアグラは短時間でペニスを強く勃起させることができるED治療薬です。
病院では25mgと50mgの錠剤が使用されています。海外から100mgの錠剤を個人輸入することも可能です。
副作用にはめまいや頭痛、ほてり、消化不良などがあります。
一定の医薬品を使用している場合や脳や心臓などに重度の障害がある場合は服用が禁止されます。
基本的に副作用の症状は軽いため、体に大きな負担をかけずにED治療ができます。