バイアグラは医療機関を通してなどで手に入れることができ、ルートがしっかりしているため安心・安全な精力剤といえるでしょう。
世界最初のED治療薬としても有名で、世界シェアで50%も占めるものなので、EDを治すと言ったら真っ先に名前が挙がるのがバイアグラと言っても過言ではない程です。

その一方でバイアグラはどういった効果を持ち、飲むに当たっての注意などあるのかということはあまり知られていないように感じます。
そもそもバイアグラの有効成分であるシルデナフィルは狭心症の治療薬として研究されていたもので、治験の結果、狭心症への効果は僅かでありますが陰茎の勃起を促進する作用や、勃起を抑制する酵素の働きを阻止する作用が見つかったためバイアグラはEDの治療薬と販売されたのです。

また、シルデナフィルはED治療薬だけではなく肺動脈性肺高血圧症の治療薬にも使用されているため、ED治療薬以外としても注目を集めているのです。
理由として、血管を拡張させる作用を持つcGMPという成分が勃起のために働き、これを抑えようとするのが勃起を抑えようとする酵素なのですが、EDの治療が必要な人はcGMPという成分が放出される量が少ないため、勃起が維持できません。
その酵素の働きを阻止するcGMPが肺動脈性肺高血圧症にも有効であるということがわかったのです。

このバイアグラの飲み方は、有効成分が吸収されやすくなるため空腹時に飲むのが良いとされています。
どうしても空腹時に飲むことが出来ない場合には食事の後2時間は空けてから服用するのが良いです。
また性行為の1時間前に飲むのが最適とされており、バイアグラの効果のピークは、服薬後1.5時間前後にくるため、性行為の直前に飲んでも効果が実感しにくくなってしまいます。
効果持続時間が5時間程度なのです性行為を行う予定がある際には早めに飲んでおくことをおすすめします。
きちんと用法・容量を守ることで効果を発揮するものなので医師の方の説明や注意をしっかりと聞く必要があります。

バイアグラは飲み方を知らないと効果が発揮されない

バイアグラの効果をちゃんと実感するためには飲み方を理解しておく必要があります。
バイアグラは先程も述べたように食事の直後に飲むと効果が発揮されなくなってしまいます。
なぜかというと、魚や肉で胃が満たされていると、胃や腸壁に付着した食べ物による油膜によってシルデナフィルが取り込まれるため、便としてそのまま排出され血管に吸収されないのです。

次に効果の持続時間の把握です。
バイアグラの効果の持続時間は5時間ほどと長めですが、ピークは1時間半ほどに来るため、性行為の1時間前に飲むのが最適です。
しかし、性行為の直前や5時間以上前に服用すると効果が実感できなくなってしまいます。

お酒を飲んだときにも効果は期待通り現れない時があります。
そもそもアルコールは感覚を鈍くする効果があるため、EDの方が性行為の前にお酒を飲むとEDが悪化してしまいます。
バイアグラにも副作用というものがあるので、アルコールにより副作用のほうが大きく出かねません。
そのためバイアグラを飲むときにはアルコールを控えたほうがいいです。

上記の間違った飲み方により効果を実感できない方が、たくさん服用することで効果を高めようとする可能性があります。
ただ、バイアグラは投与量を増やしても大きな効果が得られるということはなく、逆に副作用の増加や重症化が確認されているため決してしないようにしてください。
バイアグラの効果をしっかりと発揮させるためには、性交渉の1時間前の空腹時に、水で飲むのがいいです。
水で飲むことで胃の中や腸などで阻害を受けることなく吸収させることが出来ます。
牛乳やジュースなどで飲むとバイアグラの成分の吸収を妨げる恐れがあるため水で飲んだほうがいいです。