EDになってしまってバイアグラが欲しいけれども、どこの病院へ行ったらいいか分からないというケースは意外に多いものです。
ED治療の看板を掲げている専門クリニックなら間違いありませんが、そのような病院は大都市圏に集中しています。
住んでいる地域の近くにはないという方も多いでしょう。
結論を言えば、内科や泌尿器科の病院でもたいていバイアグラの処方を受けることができます。
性病科や美容外科や皮膚科でも処方している場合があります。

専門クリニックのメリットは、最初からED治療であることが分かっているので、余計な気遣いをしなくて済む点でしょう。
普通の内科や泌尿器科では、一から症状の説明をしなければなりません。
ただでさえEDは恥ずかしい病気という意識があるため、気後れして診察を受けにくいこともあります。
女性スタッフに話を聞かれてしまうのが嫌だという方もいるかもしれません。
専門クリニックではこのような点に配慮が行き届いており、医師もスタッフも男性だけという病院もあります。

内科や泌尿器科でも患者のプライバシーを医師や看護師が口外することはないので、その点は安心してよいでしょう。
ただし自宅の近所にある病院だと、知り合いに顔を見られてしまう恐れがあります。
遠くの病院へ通うのは時間も交通費もかかりますが、他人に知られにくいことがメリットとも言えます。
なおすべての内科や泌尿器科医院でバイアグラを取り扱っているわけではないので、事前にホームページなどで調べておくのがベターです。

信頼できるかかりつけ医があれば、標榜科にかかわらず相談してみるのも良いでしょう。
その病院でバイアグラを処方していなくても、別の病院を紹介してもらえることがあります。
また総合病院へ行けば、ほぼ確実に処方を受けることができます。
もし電話やメールで相談を受け付けているクリニックがあれば、とりあえず処方を受けられるかどうか問い合わせてみましょう。

バイアグラを処方されるまでの流れは?

病院でバイアグラの処方を受けるときは、まず医師による診察があります。
日本性機能学会ではED治療ガイドラインを定めており、これに従って診察と治療が行われます。
診察といっても問診だけで終わることがほとんどで、訊かれるのは現在の状態のほか、既往症やアレルギーや生活習慣などです。
服を脱がされるのは困るという方がいるかもしれませんが、性器を直接検査されるようなことはありません。

極度の高血圧や低血圧だったり、狭心症などの持病で硝酸剤を服用している方には、バイアグラを処方できません。
そうした症状に該当するか微妙なときは、別に検査が必要な場合があります。
もしバイアグラを処方できない場合には、他の適切な治療法についてアドバイスを受けることができます。

バイアグラの処方には保険が適用されないため、クリニックによって費用が異なります。
初診料や検査料や処方箋代などを含めて、初回は5000円~10000円ほどかかるのが一般的です。
これに加えて薬代が、バイアグラ1錠あたり1500円~2000円ほど必要です。
ただしED治療専門クリニックでは初診料不要で、薬代だけを請求しているところもあります。
院内処方しているクリニックでは、バイアグラを受け取って診察終了です。
処方箋だけを出しているクリニックでは、処方箋薬局へ買いに行く必要があります。

手軽にバイアグラを入手したいなら、初診料が不要で迅速確実に処方してもらえる専門クリニックが適当です。
総合病院は費用と時間は多少かかりますが、EDの原因を突き止めて根本から改善するには向いているでしょう。
このように目的に応じて病院を選ぶのもひとつの方法です。
保険が利かないのはデメリットですが、診察の内容が保険組合から会社や家庭にバレない点はメリットと言うこともできます。