EDと早漏は別のメカニズムで起きる症状ですが、両方を併発する場合があり、EDの人の約4分の1に早漏の傾向が見られるというデータもあります。
体力が不足していると勃起力が衰えるだけでなく、射精を我慢しようとする気力も低下します。
またEDの症状のひとつに中折れがあり、そうならないように早く射精してしまおうとして、結果的に早漏になるとも考えられます。

中高年以降は生活習慣病や男性更年期障害などの影響で精力が低下するとともに、マンネリズムも手伝ってセックスが淡泊になりがちです。
やがて完全に勃起力を失ったり、勃起してもパートナーを満足させる前に射精してしまうことになります。
バイアグラはこのような症状を改善するのに極めて有効な薬です。
気力を奮い起こさなくても勃起状態を維持できるため、若い頃と同じような長時間の性行為が可能になります。

若い人の場合は中高年とは反対に、早漏が原因でEDになってしまうことがあります。
射精が早いことを笑われたり詰られたりすると自信を失い、女性に対して消極的になってしまうケースが少なくありません。
それが高じるとセックスしたくても勃起しない、いわゆる心因性EDになる可能性があります。
このように早漏はEDの原因にもなり結果にもなるわけです。

心因性EDに対してもバイアグラのような治療薬が効果を発揮します。
まず勃起不全の状態を解消することで、自信回復の第一歩とすることが可能です。
また薬が効いている間は何度でも性行為にチャレンジできるので、一度や二度の早漏で相手に不満を持たれることは少ないでしょう。
そうやって経験を積み重ねていけば、EDと早漏を同時に克服することができます。

以上のようにバイアグラを始めとするED治療薬は、人によって効き目は異なりますが、ある程度は早漏を改善する効果も期待できます。
それ以上の効果を求めるなら、EDと早漏を同時に治療できる薬を使うのもひとつの方法です。

EDと早漏を同時に治療できる薬が存在する

バイアグラの主成分はシルデナフィルで、陰茎周辺の血管を拡張させ勃起力を保つ作用があります。
一方、早漏治療薬のダポキセチンは脳内物質に働きかけ、興奮を静めて射精を遅らせる働きを持っています。
スーパーPフォースは、この2種類の成分が同時に配合された薬です。
シルデナフィルとダポキセチンは別々の経路から体に働きかけるため、互いの効果を邪魔することはなく、EDと早漏を同時に改善することが可能です。

スーパーPフォースの服用方法は、原則として性行為の1時間ほど前に水またはぬるま湯で服用します。
シルデナフィルは満腹時には吸収が遅くなるため、できるだけ空腹時に飲むのが基本です。
早ければ服用後30分ぐらいで効果が現れはじめ、数時間ほど持続します。

シルデナフィル服用の上限は1日あたり100mgとされており、スーパーPフォースだと1日1錠が限度になります。
続けて飲むときは、必ず24時間以上空けるようにしてください。
大量に飲んでも効果が高まるわけではなく、副作用が強く出て危険な場合があります。
量が多すぎるときは、半分に割って服用しても良いでしょう。

シルデナフィルの副作用には頭痛や火照りなどがあり、ダポキセチンの副作用としては吐き気やめまいなどが見られます。
重症になることはほとんどありませんが、個人差があるので耐えられないときは服用を中止してください。

スーパーPフォースはバイアグラジェネリックのひとつで、価格の安さが魅力のひとつです。
一般の薬局では買えませんが、個人輸入代行の通販では定番の人気商品になっています。
正しい服用方法を守って適切に利用すれば、EDと早漏の悩みを一挙に解決する手助けになるでしょう。