バイアグラは世界初のED治療薬であり、登場当初は夢の薬とも呼ばれていました。
このためアメリカで発売が開始され日本では未承認であった時期にも個人輸入が盛んに行われてきた薬です。
現在の日本ではバイアグラは承認されているED治療薬であり、でED治療を行っているクリニックでEDと診断されれば手に入れることができます。
このEDというのは完全な勃起不全のことではなく性的刺激を受けているにも関わらず満足に行くまで勃起が維持できないといった症状でもEDと診断されるものですから、ほとんどのケースで手に入れることができます。
しかし、実際にクリニックに行くと診察料や検査料などがかかることも多く、また健康保険は使えませんから全額自己負担になりますし、またクリニックに行く時間も必要です。

バイアグラを今でも時間的な理由、費用的な理由によって通販で購入して使用することは盛んに行われています。
ただし、バイアグラの通販にはさまざまなリスクがあることでも知られており、利用する際には注意が必要です。
バイアグラを通販で購入するリスクとしては、第一には偽物が送られてくる可能性があることで、特に日本国内の出処が怪しいポスティングなどチラシの通販の場合には、ほぼ偽物と言われています。
これはバイアグラが処方箋薬であるため国内で販売すると罰せられるからです。
一方で通販でも個人輸入代行であれば正規品を手に入れることができる可能性があります。
個人輸入代行が海外で販売されている医薬品を個人的に購入し輸入することを意味しており、通販サイトはその仲立ちをしているため、個人的に利用するものであれば罰せられることもありません。

ただし、バイアグラは世界でも多く偽物が流通している薬として知られていますが、通販サイトを使うにしても正規品であるかわかりません。
このため、通販サイトを利用する際にはそのサイトの安全性を確かめた上で購入する必要があります。

バイアグラの通販の信頼性を見極めるには、サイトの口コミ、ED関連の記事やその他のコンテンツが用意されているか?というEDに悩む方向けの情報が提供されているかということをチェックしてみてください。

通販サイトでリスクを減らす方法

バイアグラを個人輸入代行による通販で購入する際にはいくつかのポイントを抑えておけば安全性を知ることができます。
ポイントとしては、口コミで悪い評判がないか知名度があるかといったものです。
バイアグラの個人輸入代行は、インターネットが一般に普及するようになった頃から存在するため老舗の店では10年を超えるキャリアがあり、それらは比較的信頼できるサイトといえます。

また、日本法人であるかもポイントですが個人輸入代行という性質上、海外を拠点にしており、また代表者も海外の人である場合がほとんどです。
外国人の経営で不安を覚える場合には問い合わせなどで質問してみるのも良いでしょう。
問い合わせの質問に的確に答えられる日本語スキルがあれば、少なくとも日本人スタッフか日本語に堪能なスタッフがいるため、信頼性も高いといえます。

またクレジットカード以外に日本の銀行振り込みに対応していることも選ぶ際のポイントです。
海外からの通販ではクレジットカード決済が当たり前の世界ですが、知名度の高いところは日本の銀行への振込にも対応しています。
また定期的に成分検査を行っているところも信頼性のあるサイトです。

それでもリスクはゼロではありませんが、バイアグラの正規品の見分け方のひとつとして錠剤の特徴があります。
偽物の場合には、本物から型を取って生産しているものもあり、見た目では区別が付かないのがほとんどです。
バイアグラはブルーのコーティングされていますが、割ってみて中身が白くないもの、つまり中身もブルーの場合には偽物です。
最終的に使用する際には、割ってみて中身の色を確かめてから服用すれば偽物を服用してしまうリスクを最小限にすることができます。